キレイに関する情報局。豊胸・脂肪吸引・二重まぶたなどの情報もご紹介!

スタイルよく行こう! beauty style.com

テープや専用の接着剤で二重まぶたを作る

二重まぶたにするためのメイク用品はたくさん販売されています。しかし、多くのものがテープや専用の接着剤の様なものを利用して行います。

これらを利用すると簡単に二重まぶたへと変身できます。

二重まぶたにするメイクグッズで肌トラブルも報告されている様です。特にかぶれや炎症が起こる事が多い様です。

長期間に渡って利用を続けるとそのようなトラブルが起こる可能性もあります。トラブルが起これば、元の状態に戻るまでの間はできるだけこれらのメイクの使用を控えた方が良いでしょう。取扱いには十分注意して利用しましょう。

美容外科で受けられる二重整形について

美容外科の二重整形は、切らずに二重を実現する埋没法と、切って整形を行う切開法の二種類があります。前者は糸を使って窪みを作るので、整形が目立たず傷跡も気になりません。一方の後者は、恒久的な効果こそ得られるものの、術後は腫れやすく傷跡が残ってしまうのが欠点です。

美容外科の多くは、切らない二重整形の方向に舵を切り、医療用の糸を駆使して患者の期待に応えています。費用の点においても、埋没法は切開法に比べコストが少なく済むので、これから選択する人の検討に値すると考えられるでしょう。また、修正手術も容易に対応可能ですから、納得出来るまで修正が行える柔軟性もメリットの一つです。

二重整形を美容外科で受ける時の注意点

二重整形は美容外科で行われる手術の中でも、もっと多い手術といわれています。そのためどの美容外科で手術を受けたとしても、基本的には無難に行われる手術と言えるでしょう。しかし基本的なことができても、患者が望む形や幅にしたり、腫れを少なく抑えるためには、豊富な経験と知識が必要となります。

しかし経験があったとしても、患者の話を聞かない医師の場合には、自動的に説明から手術までを行ってしまうこともあります。また手術方法によっては、元に戻ってしまう可能性もあります。これらのことから二重整形の手術を行う場合には、保証が付いているものを選ぶようにしましょう。

美容外科でポピュラーな二重整形術は種類が多い

美容外科クリニックで行われる二重整形には大きく2つのタイプに分けられます。メスを入れずに切らない二重術の埋没法と、メスを使って二重のラインを作る切開法です。その2つを基準に多くの二重術の方法があり、元の目や瞼の形、理想とする二重の形に最適な手術を医師とのカウンセリングによって決定します。

クリニックによってはオリジナルの技術を開発し、より細かな希望にこたえた二重を作ることも可能となっています。各クリニックで二重術の種類、料金、アフターケアなどが違うので、二重整形を受ける前にはしっかりとリサーチし比較、検討することが重要です。

美容外科による二重整形手術の方法について

美容外科での二重整形手術は、二重まぶた埋没法という手術方法があります。これは、まぶたに糸を埋め込みます。二か所糸を埋め込むものと、三か所糸を埋め込むものがあります。どちらを選ぶかは自由です。

取れにくい二重にして貰いたい人は、三か所糸を埋め込む方を選択します。しかし手術時間も長くなり、費用も高くなります。また、術後に酷く腫れてしまう事があります。手術が終わると腫れのひどさに驚いてしまう人もいますが、自然に治るので大丈夫です。治るまでの期間は個人差があります。腫れが引くと綺麗な二重になる事が出来ます。