キレイに関する情報局。豊胸・脂肪吸引・二重まぶたなどの情報もご紹介!

スタイルよく行こう! beauty style.com

痛みがしばらく続く事もある豊胸手術

どうしても豊胸手術を受けて間もない間は、個人差があると思われますが、痛みがしばらくの間は続くという事も考えられます。また、豊胸手術の後はダウンタイムとなる事が予測されますが、その間は激しく動き回ったりする事を避けないといけないという事も考えられます。

ですので、豊胸手術を受けた後は、無理をしない様に心掛けたいですね。豊胸手術を受けても、痛みがずっと続くという分けではなく、時間と共に少しずつ落ち着いてくるかと思います。

健康面への影響だけではなくて、豊胸手術を受けたなら少しでもきれいな完成にするためにも、スケジュールを詰め込みすぎない様にしたいですね。少しの間だけ注意したいですね。

自分の脂肪を使った豊胸づくりについて

人並みなバストに憧れ、豊胸を希望している人もいます。長年のコンプレックスは本人しかわからない大きな悩みです。今では美容クリニックで比較的簡単に豊胸施術を行えることもあって、利用者数も年々増えています。

ワンカップ程度の大きさでよければシリコン注入でも良いかもしれませんが、それ以上の大きさを望んでいる場合や、人工物は苦手という方には、自分の脂肪を使った施術法がむいています。現在の脂肪注入は、持続性をもたせるため、クリニックごとで脂肪にこだわっているケースが多いものです。どのような脂肪を注入するのか、そのメリットもよく検討した上で決断しましょう。

脂肪の質にもこだわる豊胸施術

脂肪注入でおこなう美容整形は、豊胸や美顔などにも利用されています。自分が細くなりたい場所から脂肪を抜いておこなう脂肪注入は、痩身も同時に叶うものです。脂肪がたくさん取れたら当然注入できる量も増えるため、大きなバストにすることも可能になります。

ですが、抜き取っただけの脂肪では、使用した麻酔液や血液、他の細胞まで入り込んでいるため、せっかく注入しても大きさをキープできないという問題点があるため、各クリニックでは注入する脂肪の不純物を取り除いたり、さらに濃縮したりと、様々な工夫を凝らし豊胸施術をおこなっています。

ナチュラルな豊胸を目指すなら

脂肪注入した豊胸施術はこれまでと同じようなソフト感があり、自然なバストが形成されることから人気があります。他のシリコンでは性質上あまり多く注入できないことや、やはり固さが気になるという声もあるようです。

バストの多くは脂肪ですから、自分の体から同じ脂肪を加えるためとてもナチュラルな仕上がりが期待できるといいます。脂肪を抜き取る際の脂肪吸引施術もvaser法であれば、抜き取れる脂肪の量も多く、不純物等の少ない良質の脂肪が取れるため、バスト形成にも敵しているとされています。興味があればvaserを取り入れているクリニックを検索サイトで調べてみましょう。

豊胸づくりと痩身を叶えるなら

魅力敵なバスト形成や痩身も、美容整形の脂肪注入なら同時に叶えることができます。サプリや辛い食事ダイエットも必要なく、また術後はリバウンドが起きにくく、理想のバストアップが期待できます。また大きさだけでなく、バストの形にもこだわることができるため、事前に理想の形を明確に伝えることが重要です。

豊胸したバストが必ずしも自分が思い描くバストになるとかぎらないものです。また脂肪を吸引する際も、どこから脂肪を取りたいか予め検討しておくことです。万が一のことも考慮して、複数箇所候補を決めておくことで、施術もスムーズに行えるものです。