キレイに関する情報局。豊胸・脂肪吸引・二重まぶたなどの情報もご紹介!

スタイルよく行こう! beauty style.com

美容整形の結果

こんな風になるとは思わなかった、という事が美容整形ではよく発生しています。

今までに脂肪吸引もしくは豊胸などを受けた事がないという人も多く、予想すらしなかった問題が術後に発覚するというケースもあります。

完成した容姿に対する不満を抱く事はもちろん、痛みや体の負担により生活に支障が出るケースなどもあると考えられます。

この様な事をなくすためには、脂肪吸引もしくは豊胸などを受ける前に医師と話をしておく事です。気になる事は遠慮する事なく、積極的に質問しておきましょう。

また、どんな事を聞いておけばいいのかわからないという場合にはインターネットなどで美容整形について調べると分かりやすいかもしれませんね。

手術を受けるのは本人の意思ですので、自己責任となる場合もあります。

美容整形で小顔を目指すなら!

美容整形で小顔を目指すのであれば、いきなり顔にメスを入れて綺麗にするという手段は少し怖いという人もいるかと思いますので、注射で専用の薬を入れて脂肪を溶かすという施術を選んでみてはいかがでしょうか?

こちらは切らずに脂肪を少なくするという施術で、注射で『小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイス』と呼ばれるものです。従来の脂肪を溶かす施術は、入れた後に腫れがでてしまうことが問題だったのですが、薬の開発が進むにつれてほとんど腫れが出ないところまで現在進んでいます。注射一本ですむ施術のため、時間も30分もあれば終わります。

美容整形で小顔になるのは切らなければだめ?

美容整形で小顔をゲットするためには、一度顔にメスを入れなければやはりだめなのでしょうか?小顔にするという事は、顔回りについている脂肪を吸収する、もしくは骨格を変える必要があり、それらを行うためにはやはり切っていじらなければならないと思いますよね?

しかし、自分の理想の顔回りをゲットするためには何も顔にメスを入れなくてもできる方法があります。それは専用の薬を注射でアゴ周りにいれて、顔の内側からリフトアップを行うことで、顔を小さくする方法です。顔をリフトアップさせることで、たるみがなくなり、自然と顔が小さくなっていくという仕組みです。

最新の美容整形技術なら注射一本で小顔になれる

美容整形業界で昔から需要の多いのが顔まわりの手術です。中でも顔のサイズを小さくする手術は、長年の研究が功を奏し、患者の顔のバランスを取ることによって印象を小顔にするという、とても合理的な整形技術が確立されました。

しかし近年、注射一本で小顔になれるという触れ込みの整形術が話題を呼んでいます。これは患者の顔のバランスを崩しているポイントに、脂肪の分解を促進する薬剤を注射することで、ピンポイントの部分痩せを促して顔のバランスを取り、顔の印象を改善するというものです。効果には個人差があるものの、安価な費用で手軽に試せるのが大きな魅了です。

小顔になるための美容整形には本格整形手術とプチ整形がある

小顔になるための美容整形には、大きく分類して2種類があります。1つは顔の骨を削る大掛かりな整形手術です。主に顎まわりの骨を削ることにより、顔の輪郭を根本的に修正することができます。

手術は全身麻酔による大掛かりなものとなり、およそ3日程度の入院が必要、費用も高額になります。もう1つの方法は、ピンポイント注射によって顔のバランスを整えるプチ整形です。

エラが張っている場合は筋肉の動きを和らげる注射、脂肪が多い場合は脂肪を溶解させる注射など、患者の顔の個性に合わせた薬剤を注射します。施術時間が短く、費用も安価で済むため、お試し感覚で受ける方が多く人気があります。