キレイに関する情報局。豊胸・脂肪吸引・二重まぶたなどの情報もご紹介!

スタイルよく行こう! beauty style.com

二重まぶたの美容外科

まぶたは、光の調整やホコリの除去などの役目を持った眼球を覆い隠す器官です。二重まぶたとは、まぶたの外側である皮膚が折り畳まれた状態のことを言います。

二重だからといって機能に差異はないが、表情を柔らかくするなどの審美的な役目を果たします。

二重まぶたを形成するには美容外科による手術もありますが、費用が高額なため、なかなか手が届かないのが現状です。

こうしたことから、まぶたを二重にする器具が一般に出回っています。二重にする仕組みには、器具をまぶたに当てることによって二重の層ができ、継続的に使用することでまぶたに癖をつける形をとります。

周りにもばれずに安心な美容外科の二重整形

糸目や腫れぼったい一重で、メイクしてもかわいくなれないなんてお悩みの方には、気軽に受けられる美容外科の二重整形がおすすめなのですが、周りにばれるのではないかという不安がありますよね。

でも、最新の二重整形はメスを使わないので手術の時間も短く、術後の腫れやダウンタイムも2,3日で済むので周りにばれる心配も少ないので安心です。そんなに簡単な手術ならすぐに戻ってしまうのではないかという不安になってしまうかもしれませんが、最近では糸を止める箇所や止める数を改善しているクリニックが多いので、短時間の手術でも元に戻りにくいというのも大きなポイントです。

美容外科で二重整形をしたいときは切開しない埋没法がおすすめ

二重で、ぱっちりとした目に見える人がうらやましいと感じている一重の方があれば、お近くの美容外科で二重整形を受けるようにしてください。わずか15分ほどで済む埋没法なら皮膚を切開しないうえに、ダウンタイムも短いのでおすすめです。

二重を作る際に糸で留める方法なので、何かのはずみで糸の結び目がほどけてしまうというリスクがありますが、そんな場合は修正を行えば治せます。まぶたの厚みによっては切開法が適していることもあるので、まずは美容外科で二重整形のカウンセリングを受けて、お医者さんに判断してもらうようにしましょう。

経験豊富な美容外科で二重整形を受ける

美容外科で二重整形を行う場合は、切らない埋没法と、切る切開法の二種類があります。埋没法の方はメスを使わず、極細の糸を埋め込んで二重のラインを作る方法なので、比較的受け易い手術です。

切開法ではメスを使いますが、余分な皮膚や脂肪を同時に取り除くことができます。両方にそれぞれ異なるメリットがありますので、希望の二重ラインを作るにはどちらが適切な方法であるか、医師との綿密なカウンセリングは欠かせません。理想的な二重整形を実現するためには、他の方法を組み合わせて行うこともありますので、経験豊富な美容外科医の手術を受けることが大切です。

二重整形も可能な美容外科

一重や奥二重の目元の方が、メイクなどによってつくり出される二重を自然なものとして取り入れるには、二重整形を受ける方法があります。全国各地に数多く存在している美容外科などの専門クリニックでは、複数ある施術方法が取り入れられていることも多く、希望に合わせた美容整形が受けられるとして運営されています。

目元に切り込みが入れられることで二重のラインが見せられる切開法と、注射や糸で留めることで二重が固定される埋没法では、施術時間の長さや必要経費、効果の持続期間など、あらゆる面において、内容や条件が異なります。