キレイに関する情報局。豊胸・脂肪吸引・二重まぶたなどの情報もご紹介!

スタイルよく行こう! beauty style.com

胸の脂肪を増やす豊胸

胸の90パーセントは脂肪組織で、後の10パーセントは乳腺組織からできているようです。

よく、大胸筋を鍛えるとバストアップができると言いますが、大胸筋が胸の重みを支えているからです。

女性ホルモンの分泌が多ければ多いほど、乳腺に脂肪がつきやすく、胸が大きくなりやすいようです。

胸が小さいのは遺伝だから仕方ないと思っている人は、胸の脂肪を増やす方法があります。

それは、脂肪注入法という豊胸手術で、体の不必要な脂肪を取り、その脂肪を胸に注入する方法です。

脂肪を入れることにより、より自然なバストアップが期待できると言われています。

もし、胸の大きさで深刻に悩んでいるのであれば医師に相談してみてはいかがでしょうか。

豊胸術はたくさんあります

豊胸術はとてもたくさんあります。シリコンバックを直接胸に入れて胸を理想の大きさにする方法や、脂肪吸引を行い吸引した脂肪を直接脂肪注入する方法です。どちらもメリットとデメリットが存在しますので、どちらの整形術が良いのかは美容クリニックの先生と相談して決めていきます。

シリコンバックは理想の形や大きさにすることが出来ますが、肌触りがあまり良くないですし、レントゲン写真に写ってしまいます。一方の脂肪注入法は、レントゲン写真に写ることも無いですし、肌触りもとても良いです。しかし脂肪を注入しているので、理想の大きさや形にすることが難しいです。

脂肪注入での豊胸手術がおすすめです

とてもいろいろな方法が豊胸手術では開発されています。数ある方法の中でもオススメの手術が脂肪注入法によるものです。メスを使用せずに、余分な脂肪を吸引し胸に直接注入するので、安定率がとても良くアレルギー反応などの心配がありません。

脂肪を入れているので、肌触りもとても良くて自然な胸と変わりがありません。脂肪吸引を行っているので、部分痩せにもとても効果があります。レントゲン写真に写ることも無いですし、傷跡がとても小さいので、周囲の人に気づかれることもあまりありません。ダウンタイムもとても短いので、とてもおすすめの豊胸手術方法です。

たくさんの豊胸術があります

豊胸術はたくさん開発されています。従来までは、シリコンバックを直接胸に入れて、胸を理想の形や大きさにするのが主流でしたが、シリコンバックは肌触りが悪く、傷跡も大きいので周囲の人の目が気になってしまいますし、レントゲン写真に影が写ってしまうことが、ネックとされていました。

しかし現在では脂肪注入法が主流となっています。この施術方法であれば、自分の余分な脂肪を採取し胸に注入していくので、とても自然な肌触りですし、傷跡もとても小さいです。レントゲン写真に、影として写ることもないので、とても人気があります。

脂肪がない人でも受けられる豊胸手術

今までの脂肪注入による豊胸手術は、ある程度の脂肪がない人は摂取できる脂肪がなかったため、受けることができなかったのですが、最新の技術であるVASERと呼ばれる施術になると、脂肪細胞自体を除去しますので、もともと脂肪が少ない人でも細胞が全くないという人はいないので、かなり幅広い体質の人が豊胸手術を受けることができるようになりました。

また、シリコンなど全く体の中の素材ではないものと違って、自分の体に入っていた分定着率が今までよりもかなりいいものになっています。確実に、できるだけカップ数をあげたいという人はこちらの施術を受けてみてはいかがでしょうか?